2017治験バイトで高額報酬・謝礼金稼ぐ!初心者のための基礎講座

治験バイトで稼ぎたいけど不安!そんな初心者のための基礎講座です。安全第一で大きく楽に稼ぐためにはサイト選びと情報収集が大切です。27歳の大学院時代に実際3泊4日で11万4000円を稼いでから、これまで10回治験のバイトを経験したサイト運営者が得た知識をどうぞ!

治験バイトで稼ぐことは危ない?リスク・副作用はあるのか

治験バイトは危ない?リスクはあるのか

f:id:usumiking:20170729231931p:plain

よく治験バイトは危険だ、副作用リスクがあるといわれます。

 

たしかに治験は薬が病気の治療に有効であるか、さらに副作用などに関するデータを集めて安全性に関する分析を行うのが目的で実施されます。

 

このため、安全に実施されるよう政府や海外の基準などを元に厚生労働省が日本人に合わせた基準を設けています。

 

治験を行う際は、このルールを守って行われなければいけません。このルールは、新薬の開発のために自分の体を提供してくれる被験者の安全と人権を守るために定められたものです。

 

また治験を行う前に、臨床研究に関する説明書が手渡され、医師や治験コーディネーターが考えられる副作用など詳しく説明してくれます。

 

治験参加は強制ではありませんし、途中でリタイアすることも可能です。

 

治験は被験者の人権を最優先にして行われるので、安全性に関してはそれほど心配する必要はありません。

 

十分な説明を受けた上で、治験に参加するかどうかを判断しましょう。

 

治験の安全性は国際基準で保証されている

 f:id:usumiking:20170729213253j:plain

治験アルバイトに興味があるけれど、副作用が心配……という人は多いですね。

 

実際に治験は薬の効果とともに、副作用などの安全性を確認するために行われる臨床試験です。

 

このため製薬会社は安全と人権には十二分に配慮しています。また厚生労働省は安全を守るために、GCPと呼ばれる基準を設けています。

 

GCPとは国際基準を元に、日本人の体型などに合わせて、日本でより安全かつ適正に実施されるように定められた、医薬品の臨床試験を実施するための基準です。

 

治験を実施する際には、製薬会社は担当医の合意を得た実施計画書を厚生労働省に提出しなければいけません。

 

厚生労働省は提出された計画書の内容を確認し、適正に行われるかどうかを調べた上で、問題がなければ許可を出します。

 

このように安全性に関するルールが設けられているので、過度に副作用の心配をする必要はありません。

 

疑問があればコーディネーターや医師が副作用について、詳しく説明してくれます。気軽に尋ねてみましょう。

 

治験で健康被害が出た場合の補償内容

f:id:usumiking:20170729213924j:plain

治験は十分に安全に配慮されて行われますが、副作用リスクが全くないわけではありません。

 

一般薬であれ、治験で使われる薬剤であれ、薬には病気を治療する効果がある反面、副作用が出る可能性があります。

 

大切なのは、副作用をむやみに恐れるのではなく、その薬を服用するとどのような副作用が出る可能性があるのかを事前に知り、副作用がでた場合に素早くかつ適切に対応することです。

 

治験では担当医師や治験コーディネーターが、これまでの研究結果から予想される副作用について、詳しく説明してくれます。

 

これらの副作用が全ての被験者に現れるわけではありませんし、現れる症状も人それぞれです。また、これまでの研究ではわからなかった副作用が起こる可能性もあります。

 

治験に参加して万が一健康被害が出た場合は、すぐに担当医や看護師に伝えてください。担当医が問診や検査を行って慎重に診察し、被験者の安全と人権を最優先に考えて適切な処置をしてくれます。

 

これらの治療代は製薬会社が補償してくれるので、金銭的な負担も一切ありません。それから治験は、参加者の意思で、いつでも止められることも覚えておきましょう。

 

治験バイトで体に異変を感じたか?

 f:id:usumiking:20170729222642j:plain

正直言って、副作用が全くない薬はありません。市販の薬でも眠気がしたり、吐き気がしたりすることがありますよね。

 

しかし、私自身は一度も体調が悪くなったことはありません。いっしょに治験を受けた人からも、副作用はなしという体験談ばかりでした。

 

新薬開発の試験と聞くと、人体実験というイメージを持つ人が多いので、副作用の心配を気にする人もいるのですが、製薬会社も病院も安全と人権には十二分に配慮しています。

 

万が一体調が悪くなっても、入院治験ならすぐに担当医が対応してくれるので安心ですよ。また、治療費も製薬会社が負担してくれるので、お金の面での負担も一切ありません。

 

通院での治験でも同じで、すぐにお医者さんに報告すれば適切に対応してくれますし、治療費の負担なども製薬会社が行ってくれます。

 

どうしても心配だという方は、すぐに対応してもらえる入院タイプの案件をおすすめします。

 

通院タイプのものでも作用がおだやかなサプリメントや、健康食品のモニターなどの案件もありますよ。

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com