2017治験バイトで高額報酬・謝礼金稼ぐ!初心者のための基礎講座

治験バイトで稼ぎたいけど不安!そんな初心者のための基礎講座です。安全第一で大きく楽に稼ぐためにはサイト選びと情報収集が大切です。27歳の大学院時代に実際3泊4日で11万4000円を稼いでから、これまで10回治験のバイトを経験したサイト運営者が得た知識をどうぞ!

治験バイトで稼ぎたいが、通院タイプの面倒な点は何?

通院タイプは事後検査が多いとちょっと面倒

f:id:usumiking:20170730002823j:plain

通院治験は入院しなくていいので、比較的自由に暮らせます。拘束時間が少ないのが、通院治験の最大のメリットです。

 

ただ、期間中に何回も検査を受けるために通院しなければ行けないのが面倒ですね。

 

通院治験にもさまざまなタイプがありますが、長期治験の場合は1年におよぶものもあります。

 

1か月に1度通院し、薬の効果や副作用の有無などさまざまな検査を受けますし、治験が終わった後も事後検査を受けなければならないのが一般的です。

 

しかし、このような通院の治験でも、報酬10万円以上と、時給に換算するととても割のいいバイトといえますね。

 

ただし交通費は自分持ちというケースが多いので、通院回数が多いと、その分交通費もかかります。

 

また、医薬品ではなく健康食品やサプリメントなどの治験は、3回程度の通院で、検査も採血だけなどそれほど面倒がない案件もあります。しかし報酬はそれほど高くありません。

 

入院生活のように、一日まるまる拘束されるのがイヤな人にはおすすめですが、効率的に稼ぎたい人の場合は入院治験をおすすめします。

 

長期と短期、通院タイプと入院タイプでは稼げるのはどれ?

f:id:usumiking:20170730003038p:plain

治験にはさまざまなタイプがあります。どの案件がおすすめかは、その人のライフスタイルによって異なります。

 

ただし稼げるのは断然、長期入院タイプです。私は基本的には、短期案件や通院タイプはスルーしていました。

 

というのも一度治験を受けると、その後3~4か月は、次の治験を受けられないからです。

 

治験は高収入が得られるのですが、複数の治験を同度に受けることができませんし、治験と治験の間にある程度の期間を空けなければいけません。

 

効率的に稼ごうと思ったら、なるべく長期の治験を受けるのが最も効果的なのです。

 

たとえば9泊10日で40万円8泊9日で35万円など、1週間以上の治験が狙い目です。

 

入院しながら資格取得の勉強や、大学の課題なんかもできるので有意義ですし、ゲームに没頭したり、好きなDVDを見たりと、インドア派ならとっても楽しく過ごせて1か月分の生活費が稼げます。

 

社会人だと仕事があるのでムリですが、無職や休暇が取りやすい大学生なら長期入院の治験をおすすめします。

 

事前検査が多い通院タイプはどんな感じですか

f:id:usumiking:20170723181427j:plain

通院タイプではフェーズIIやIIIの段階の治験が多い印象です。つまりフェーズIで薬の安全性が確認されており、いよいよ治療効果がどれだけあるか持病をもつ方を対象に薬の効果を調べるケースが一般的なので、高血圧の人のみ参加とかの案件が目立ちます。

 

事前検査が多いのは、このように高血圧や高血糖など、何らかの持病の症状がある人を対象とした通院タイプの治験です。

 

人間ドック並みの検査が行われるのが一般的で、どのような症状があるのかをきちんと調べられます。

 

治験中も頻繁に検査を受けに通院しなければいけませんし、治験が終わってからも事後検査に行かなければならないことも多いです。

 

なので、途中で挫折する人もいます。入院せずに自宅で過ごせるというメリットがある反面、治験中は食事制限や禁酒など、制約も多いんです。

 

このため途中で挫折してしまう人もいますね。何かと面倒なので、説明会では報酬についてきちんと確認することをおすすめします。特に即金でもらえるかどうかを確認しましょう。

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com