2017治験バイトで高額報酬・謝礼金稼ぐ!初心者のための基礎講座

治験バイトで稼ぎたいけど不安!そんな初心者のための基礎講座です。安全第一で大きく楽に稼ぐためにはサイト選びと情報収集が大切です。27歳の大学院時代に実際3泊4日で11万4000円を稼いでから、これまで10回治験のバイトを経験したサイト運営者が得た知識をどうぞ!

治験で50万稼ぐ!高額案件の倍率が高くなっている

f:id:usumiking:20170830160913p:plain

高額案件はやはり倍率が高くなっている


50万円を超える超大型案件は圧倒的な人気

 

治験バイトは今や学生さんやフリーターさんだけでなく主婦やサラリーマンの副業としても注目されています 。

 

治験バイト最大の魅力は高額報酬で1回の治験バイトで70万円を超えるような案件もあります。

 

70万円以上の案件は第1相試験(フェーズ1)と言って初めて新薬を人に試す試験になります。そのため副作用が出る可能性があります。

 

高額案件だと短時間に何度も行われる採血がネックだと考える人もいますが、それでもきちんと厚生労働省に認可された案件ですから、高額報酬欲しさに希望する人はとても多くなっています。

 

f:id:usumiking:20170828173416p:plain

 

30万円を超える案件などは募集してから締め切るまでの期間が短く倍率はかなり高くなります。

 

やはり治験バイトの大きな魅力の一つである高額報酬が目玉となっている案件は誰もが一度は挑戦したいと考えているんですね。

 

f:id:usumiking:20170828125939p:plain

 

中でも50万円を超える超高額案件は一瞬で募集が締め切られてしまうこともあります。

 

もちろんこのような案件はフェーズ1であることが多く、新薬の最初の臨床試験なので副作用のおそれや採血の多さというツライ点もないというわけではありません。

 

治験バイトの高額案件は競争率が高まっている

f:id:usumiking:20170830161335p:plain

 

年間150万円稼ぐ強者もいる

 

高額報酬を約束する治験バイトは健康な方が対象で入院タイプがメインです。

 

というのも、高額報酬は新薬が開発されて最初の臨床試験となる第1相試験に支払われるからです。 

 

入院タイプの治験バイトに参加する人は学生さんやフリーターさん・ブロガーなど時間に融通がつく自営業の方が多い印象です。

 

f:id:usumiking:20170729201105p:plain

 

長い入院では1カ月半から2か月ということもありますから、会社員や主婦にはなかなか難しいのが現実です。

 

学生さんやフリーターさんの中には高額案件をねらい撃ちして生活費を稼ぐ人もいます。

 

休薬期間が3か月として、年3回の治験に参加し年収にすると150万円稼ぐ猛者もいます。

 

f:id:usumiking:20170830161905p:plain

 

治験に参加している以外の期間で短期バイトや派遣として働けば十分な年収を得ることができるでしょう。

 

ただ50万円を超える超高額報酬の案件はかなりの人気があり、治験サイトに出た瞬間に定員に達してしまうこともあります。

 

f:id:usumiking:20170830162000p:plain

 

年々治験バイトの競争率も高まっているので定員になる前にまずは登録することをオススメします。

 

登録後に超高額報酬案件を見つけたらすぐに応募しましょう。

 

健康上のチェックはありますが、基本的には早いもの順で決まります。こまめにサイトをチェックしておくことが超高額報酬案件をゲットするコツですよ。

 

実施試験に特別な項目があると報酬は高くなる

f:id:usumiking:20170830162150p:plain


相場で考えれば56万のはずが…

 

入院を要する治験は協力費が高いため、スケジュールが空いている時には治験ボランティア募集に応募をしていました。

 

学生時代に私が経験したのは、二泊三日が一回と七泊八日が三回と言う、ちょっと特殊なスケジュールのもの。

 

1日あたりの協力費を考えると総額56万円になるはずなのですが、この時の協力費は70万円にもなりました。

 

f:id:usumiking:20170829164601p:plain

 

これは、治験中に細い鼻チューブを通し、胃のphを測定すると言う、少し特殊な検査が入ったためです。

 

入院と言う形で24時間拘束されるだけでなく、特殊な検査が入る事で、協力費にプラスアルファが付与される事があるのです。

 

f:id:usumiking:20170821155458p:plain

 

当時は70万円と言う金額に驚きましたが、よく考えれば、ボランティアに参加する人が背負う事になる心理的負担やリスクに応じて協力費が増えるのは当然の事かも知れません。

 

治験の報酬と待遇が良いのは大手の製薬会社

f:id:usumiking:20170821155621p:plain

 

大手の施設はとってもキレイ


一口に治験ボランティアと言っても、その内容は案件によって違いますし、待遇や報酬だって募集元の製薬会社の規模によって変わってきます。

 

私が結婚前に参加していた治験ボランティアで、大手製薬会社と小さい製薬会社ではっきり差が出るなぁ、と感じたのは治験実施施設の違いです。

 

f:id:usumiking:20170821155736p:plain

 

大手の製薬会社は資金が潤沢なだけあり、治験実施施設も新しくてピカピカでした。

 

対して小さな製薬会社は、新しい施設を作ったりリフォームする資金もないのか、なんだかボロボロ……。

 

f:id:usumiking:20170830162725p:plain

 

施設の新しさや美しさが全てではありませんが、治験を受ける身としては万が一の事態が起こった時のためにも、設備が整っている方が安心感があるのは確かです。

 

f:id:usumiking:20170830162406p:plain

 

安心・安全・信頼できるおススメ治験センターの特徴

 

f:id:usumiking:20170725235517j:plain

 

治験は最初は抵抗がありますが、一度始めてみると、どうしてもインドアな生活が向いていない等という人を除いて、こんなにおいしいバイトはありません。

 

最近では、ブロガーのイケダハヤトさんがTwitterで「治験は儲かる!50万円以上の高額案件もあるよ!」なんて拡散したからか、以前は集まりにくかった治験参加者も、今ではリピーターがいたりして、ちょっとした人気のバイトになっているようです。

 

超優良募集案件は、あっという間に応募がいっぱいになってしまいますから、複数登録して常に情報をチェックすることが必要です。募集案件の申し込みは早い者勝ちです。

 

治験センターを選ぶポイントは、お住まいの地域の案件を多く扱っていて、それなりの信頼と実績があるところが良いと思います。

 

運営10年以上の治験センターなら、フォローや補償もきちんとしていて安心できます。

 

関西圏であればインクロムは押えておきたいところです。

 

f:id:usumiking:20170726143748p:plain

  

「20~35歳の方、インクロムの治験にご協力下さい」

  

また、九州地方の案件も扱っているニューイングという治験センターがあります。 

f:id:usumiking:20170726151606p:plain

 

あなたも治験をはじめませんか?  

 

その他に、ヒューマンリンクというサイトもおススメです。こちらのサイトは登録しなくても募集案件が見られるのが特徴です。どんな内容の治験があるのか?それを知るためにもおススメできるサイトです。

f:id:usumiking:20170726155017p:plain

 

 治験の詳細はこちら

 

関東圏にお住まいであれば、おススメの治験センターはやはり日本最大JCVN

 登録・退会が簡単になりました。詳細はコチラ↓ 

 

 

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら

 

当サイトイチ押し^^

 

以上、大手治験紹介サイトを4つ紹介しました。

 

これら4つの会社なら安全に大きく稼げると思いますので、自分ができそうな募集案件を随時チェックしてみて下さい!

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com

 

www.chikenkasegu50man.com